絶対にやってはいけないこと

交通事故を起こした場合、事故に至ったなんらかの原因があるはずです。
例えば信号無視や追い越し違反をして交通事故を起こした場合など、
その事故原因となった違反の点数が付されます。

banner

それが酒気帯びなど悪質な場合はさらに点数が付加されたり、交通事故の
怪我の状況によって、例えば死亡事故や重傷事故、軽傷事故など
事故の程度によって付加されることになります。

もっとも悪質なのはこれらに加えて、逃げる行為をしてしまういわゆるひき逃げというものです。
免許を取得するときにも必ず教えられている人を助けるといった措置義務を怠ったことになるのです。

警察に捕まるのを恐れて逃げてしまうことは絶対にやってはいけません。
そしてなにより事故の原因となる無理な走行は行わないことです。