話し合いの通じない相手

先日、いつものように神戸に遊びに出掛けたのですが
突然交通事故に遭いました。

信号待ちをしていたところ、突然後ろからぶつけられたのです。

相手も信号待ちをしていたところなので、そんなに衝撃はありませんでした。
走れないほどの破損はなかったのですが、それでも相手の車の方が
車高が高かったため、車体に大きな傷はついてしまいました。

初めは向こうが悪い交通事故なのだから、保険で修理代を支払うと言われたので
そのまま引きさがったのですが、後からその時なかったことまで
本当のことのように言われてしまいました。

banner


おそらく、自分の過失を認めたくなかったのでしょう。
あるいは保険料の値上がりとか、免許のこととか。


なんらかのむこうの都合で、自分に非はないとしたかったようです。
自分たちでは解決は難しいと考えて、弁護士に相談することにしました。

神戸で交通事故関係に評判の高い弁護士がいると紹介されて
その弁護士に依頼することにしました。

相手との話し合いがうまくいっていなかったところで依頼をして申し訳ないと思っていたのですが、
さすが弁護士だと思うような手腕で相手との話を綺麗にまとめてくれました。


修理代は相手の保険から払ってもらえることになり、本当に一安心です。
いざと言う時の為に頼りになる存在がいるのは、とても心強いですよね。

やはり困ったときはプロにお任せが一番です。
私ももっと早く相談すればよかったと今となっては思っています。
これをきっかけに弁護士は少し身近に感じられるようになりました。