過失が大きい場合

車に乗っていて交通事故を起こした場合に、基本的には交通事故は
弱者保護の観点から一方的に運転手に責任があります。


しかも相手が死亡してしまった場合は、運転手がきちんと信号を守っていて
相手が飛び出してきたとしても、運転手の業務上過失致死と
いうことになってしまいます。

しかし実際には大した過失が認められない場合は略式裁判での起訴となり、
罰金刑、又は執行猶予で住む場合が多いようです。

banner


もちろん民事的には先方に対する保障が必要になってきますので、
きちんと保険で対応するということになります。
自動車保険にはきちんと加入しておきましょう。

仮に過失が大きい場合には裁判で起訴され実刑になる可能性があります。
間違っても飲酒運転はいけません。