必ず警察に連絡

交通事故といった場合は必ず警察に連絡することです。
それが些細なことでもまずは警察へ連絡します。
決して示談では解決しないように注意をします。

また交通事故で打ち身や怪我をしていたら尚更まず警察に届けを行うことです。
それは保険などを使用するときには事故証明が必要になるからです。
打ち身や怪我はあとでひどくなったり、後遺症が出たりすることがあります。


例えばムチ打ちといった症状は最初はそれほど気にならないとしても
あとで症状がひどくなることがよくあるのです。
そのため後になってから通院したり、医療器具の費用がかかることもあるのです。

banner

このような理由から交通事故はまず警察へ連絡しておくことです。
くれぐれもその場で解決しようとしないようにしましょう。