トラブルになる前に弁護士に相談する

交通事故に遭ったら賠償金が焦点

交通事故には費用が掛かる 誰でも負担が大きい交通事故ですが、治療は医療機関に力を借ります。

事故そのもので一番大きなポイントは賠償金です。
賠償金と言っても、治療費から休業補償、さらに事故による負担を補う慰謝料、
万が一後遺障害が残った場合は後遺障害の慰謝料も発生します。

これだけ細かに、しかも基準もあることを知らない方が多いので、
提示された低水準の賠償金でサインしてしまう方も多いです。

それを防ぐためにも交通事故に遭ったら交渉を含めて、正しい知識を持っている
弁護士のアドバイスを仰ぐことが重要です。

アドバイスを仰ぐ

弁護士は法律のプロですから、過失や賠償の適切な判断もできますし、
その根拠も示せるだけのスキルがあります。

ただ、この金額が十分と言うだけではなく、そのもとになる法律や判例なども出せるので、
本来の妥当な金額を示談金として求めていくことができます。

弁護士にまずは相談する事で、知らなかったこともわかりますから、損することなく正しい賠償額に近くなります。

知らなかったで妥当ではない金額になってしまうよりも、弁護士に相談という一歩を
踏み出すことの方が、得るものが多くて自分の負担も軽減できますので
心強い味方として相談しましょう。

示談の金額は弁護士介入で大いに差が出る

治療が済んだら示談をするのですが、この時に自分だけで相手方と交渉すると、思うように進みません。

交渉が難しい

ある程度の示談金の計算の基準はありますが、それが法律で決まっているとか、
低くすると罰則があるということはありませんので、あくまでも双方の話し合いで自由です。

そのため、支払いを減らしたい相手方とすれば、低い示談金を提示してきて、
指摘を受けてもこれが精いっぱいとか、認められないとうまくかわしてきます。

そこで力を発揮するのが弁護士です。示談成立に有利に交渉を展開してくれるので、
依頼するほうが示談金もアップして納得できる金額なります。

結果的にスムーズに示談成立するので、時間的にも精神的にも負担が少なくて済みます。

弁護士は提示された金額の不足点を法的に指摘できますから、相手の言い分が
法に沿っていないあやふやな言い分は通りません。

加えて、いざとなったら裁判ができる立場です。
裁判になると、示談金の水準はかなりアップして、裁判費用や弁護士費用と付帯する費用もかさみます。

その金額よりかは弁護士と話し合いで折り合いをつける方が得策と考える相手方は、
当初の示談金よりもアップしてでも示談成立を選びます。

ですから、相談して一緒に解決に向けて動く方が、多くの面でメリットがあるのでおすすめです。